英語学習法(その1)

英語、日本に住んでいる限り使う機会って殆ど無いですよね。
でも、使えるに越したことは無いですよね!
てことで今回は、僭越ではありますが私なりの英語学習方法(その1)の紹介です。

海外旅行に行ったりしたときに外国語が聞き取れたり、自分の言葉を相手に伝えられたときって、
何か知らんけど「意思疎通できてる!」っていう快感、ありますよね!

ただ、ちょっと英語に対して苦手意識を持ってる方も少なからずいると思います。

てことで今回は、英語学習法(その1)と題し

初学者(英語学習に苦手意識ある方)向けの記事です。



 

というのもですね、

近頃親戚から「高校の娘のために英語勉強方法教えて~」といった相談を受けまして、私自身が英語を学び始めた中学生頃のことを思い返す機会があったので、ここに記載しておく次第であります。

実のところ、私自身、中学1年生までどっちかと言うと英語苦手でした。

・そもそも単語が覚えられない、書けない

・文法?わからん。。。

そんな感じだった中坊の私が変わったのは、

当時売りに出されていた任天堂DSのソフト

えいご漬け」と出会ってからのことでした。

↓これ。

中古で300円程度なので、お試し気分で手に取りやすいかと思います。

(当時は中古でも2,000円くらいしてましたが、、、)

簡単に紹介します。

当ソフトの主たる対象はTOEICスコアで言うところの600以下の方々。

特徴は、「ディクテーション(聞いた言葉を書き取る)

という王道学習法がゲーム感覚で進めることが出来る

といったまあ、なんと月並な紹介でしょうか。

 

かくして中学生の私は、この「えいご漬け」をもってして、

継続的・繰返し遊ぶように学習を進めた結果、

中学校3年生程度の内容を中2の夏頃には習得することができたのでした。

(中2の吸収力はすごい。)

そして小さな成功体験を経て勢いづいた中2の少年は、中2の冬、英検2級を取得。

ますます英語が好きになっていったのでした。

 

巷でよく言われることではありますが、

何を学習するにしても

・地道に毎日コツコツと学習を継続する

・小さな成功体験を楽しむ

(単語覚えた!とか、そんなレベル)

・初学の内は、兎に角 量をこなす(&復習)

これに尽きるなあ、と思います。

ただ、「それが難しいんだな」

というのが多くの方が抱える悩みかと思います。

そんな方のために、一つのツールとして「えいご漬け」のご紹介でした。

ーー

以下も関連としてお勧め。

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です