アメリカ7,000kmの旅_2.事前準備編2

米国西海岸周遊(2週間)にあたっての事前準備続編。

「出発前にしたこと」

  • 日米往復フライト手配

⇒私の場合、去年は原油安だったこともあり燃油サーチャージがべらぼうに安く、往復8万円という超リーズナブルなお値段で旅行することができました。

年末フライトなら8月末~9月頭がチャンス。

 

  • ESTA申請

⇒$14を支払い、ネット上で手続きを行う。有効期限は2年。

これを怠ると米国に入国させてもらえません。

 

  • 国際運転免許更新

⇒地域の免許センターで2,000円+顔写真+ハンコで発行してもらえる。

有効期限は1年、と短いのが若干めんどくさい。

 

  • 地球の歩き方(Amazonで取得)

  • どのように都市を回るか?プラン

⇒これが非常に重要で、なかなか難しい。

私の当所プランはこんな感じでした。

米国プラン

  • レンタカー予約

  • アムトラック(Amtrak)予約

⇒今回はSeattle⇒LAの人気路線、“Coast Starlight”号の個室$374を事前予約。

公式ウェブサイトより。

  • Future of Flight(ボーイング工場見学) 予約

⇒Seattle滞在の目的の一つ、ボーイング社の工場見学($25)の予約。

公式ウェブサイトより。

  • 米国での国内線フライト手配

⇒SkyScannerで。

  • 宿手配(現地到着当日・現地出発前日)

 

「旅行時の持ち物」

  • クレジットカード

⇒基本どこでも使える便利なカード。

万一のため2枚、それぞれ別の財布に入れて持っていきました。

 

  • 現金(日本円、3万円)

⇒カジノ+チップ+コインランドリーとか雑費用。

クレジットカードにキャッシング機能つけとけば基本いらない。

  • パスポート

  • 国際運転免許証

  • 日本運転免許証

⇒パスポートは言うまでもなく、免許証は個人的には必須アイテム。

クレジットカード・パスポート・国際(+日本)運転免許証・スマホは4種の神器といっても過言ではない。

旅先での自由度を確実に向上させるアイテムとして、免許証は重宝する。

※国際免許証に併せて日本国内の免許証も必要。

※米国では25歳以上でないとレンタカーで借りることはできません。

 

  • スマートフォン&充電コード&ポータブル電源

カーナビ・現地のおいしい店探し・見どころ探しと、この文明の利器は素晴らしい活躍をみせてくれた。

 

  • MAPS.MEのダウンロード

 

MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM

アメリカ旅行(特に長距離ドライブ)するならお勧めします。

オフライン環境下でのナビ機能・メインスポット検索機能は現地で非常に重宝しました。

訪れるであろう州の地図を事前にダウンロードしておくと、現地で車を借りた瞬間から使えるので便利。車を借りなくとも、街を歩く時の地図として使えます。

治安の悪いエリアを歩く際は画面を見ながらあるかないよう注意が必要。

  • 各種eチケット(pdf/紙)

実際のところチェックインカウンターでパスポートを渡すだけなので特段eチケットは必要ないが、万一のことがあるので(予約ない、とか言われるケースあり)確実なのはプリントアウトした紙をもっておくこと。

 

  • 歯ブラシ・液体歯磨き

車中泊とかを予定される方には、「液体歯磨き」がお勧め。

水がない環境においても快適に歯を磨くことができる。

刺激タイプなら運転中の眠気覚ましにも効果的。

 

  • インナー上下1セット

足りなかったら現地で調達すりゃええやろ。

ということで必要最小限。

 

ーー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です