USCPA予備校/プロアクティブ

最初は独学でUSCPA合格するぞ

とかいって息巻いておりましたが、

結局USCPA予備校/プロアクティブを受講してます。

ご検討されている方のご参考になれば幸いです。

USCPAの予備校は大きいところで挙げると3つありますよね。

・アビタス

・TAC

・プロアクティブ

何を優先するのかでどの予備校を受けるのかは変わってくると思いますが、

私は極力お金を節約したかったのでプロアクティブにしました。

 

プロアクティブの良いところ

・名物/佐々木先生の授業

→これはサンプルがyoutubeにアップされているので

一度見てもらえばどんな感じかは何となくわかるかと思います。

癖強めです。

「こんなの簡単じゃん?」とかよく言ってますが、

ビーチで寛ぎながら撮影した解説動画とかあって、私は好きです。

 

・問題集をネットで解ける

→ほかの予備校もそうかもしれませんが。

概して解説は雑目ではありますが、

雑なところは自分でネットで調べたりできる時代なので、まったく問題ありません。

ほかの方も仰るところではありますが、

間違えた問題を後から見直すためのフラグ機能とかつけてもらえると

より良いのではと思います。

 

・事務局の方のレスポンスが超速い!

→ほかの予備校がどうかは不明ですが、個人的な感想として

プロアクティブの事務の方からのメールレスポンスは非常に速い。

私の例でいうと、

学歴審査の結果、思った通りにならず困っていたところ、

「問い合わせたほうがいいですよ、おそらくNIESのミスでしょう」

と的確かつ迅速なアドバイスをいただいたおかげで、

無駄に追加単位を取る必要もなく、受験までスムーズに進めることができました。

 

 

プロアクティブの悪いところ

・教科書単体では独学には向かない(無味乾燥感あり)

正直、プロアクティブの教科書だけを読んでも、簿記のバックグラウンドとかがない人が見てもイメージ湧きにくいのでは?と思います。

あんまりいいテキストではない。まあ、必要最小限の情報にとどめているので

無理はないかと思いますが。。。

なので、私の場合、

ネットオークションでアビタスの紙の教科書を(5万円弱で)購入し、

基本的なINPUTについてはアビタス教科書で行いました。

→独学では分かりずらいテーマについては、講義視聴・問題演習を通じてカバー。

論点の改正等があった場合も、基本心配不要。

というのも、プロアクティブの動画でポイントを押さえて解説してくれるからです。

 

まあ、そんなこんなで

あくまで個人的な意見ですが、

・追加単位を取得する必要がない人

・独学での事務手続きが煩わしい人

・ある程度前提知識があり、わからんことは自分で調べる気になる人

とかにとってみれば、

プロアクティブは有力候補になるんとちゃいますかね??

 

プロアクティブの問題をひたすら解いておけば

必ず合格レベルに達することがFARで分かったので、

コツコツ勉強していきます。

(アウトプットが大事!)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です